• ポーター賞とは
  • 受賞企業・事業部レポート
  • 授業式・セミナー
  • 募集対象
  • 審査方法
  • 応募方法

運営組織・スポンサー

組織構成

【アドバイザリー・ボード】マイケル・E・ポーター(ハーバード大学)、竹内 弘高(一橋大学名誉教授・ハーバード大学) 【審査委員会】学識者(匿名) 【運営委員会】[一橋ICS] 大薗 恵美、菅野 寛、楠木 建 [運営事務局] 一般社団法人ナレッジ・インスティテュート 【協力企業】三菱UFJファイナンシャル・グループ、あすかコーポレイトアドバイザリー

アドバイザリー・ボード

アドバイザリー・ボードは、ポーター賞の目的と審査プロセスを設定します。審査活動そのものには関わりません。
マイケル・E・ポーター教授の詳細は、http://www.isc.hbs.edu/about-michael-porter/ をご覧ください。

審査委員会

審査委員会は競争戦略論に詳しい学識者から構成されます。審査委員会は最終候補者と受賞者の選択に全責任を負い、運営委員会からもアドバイザリー・ボードからも独立して活動します。

運営母体

一橋大学大学院 国際企業戦略研究科
ポーター賞の運営を行う一橋大学大学院国際企業戦略研究科は、2000年4月に開校された日本初の専門大学院です。 国際経営戦略コースは、千代田区一ツ橋の神田キャンパスにおいて、実務経験者に対して英語でMBA教育を行っています。
その他に実務経験者向けのコースを三つ(金融戦略、経営法務、租税・公共政策)開講しています。
詳細はhttp://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/をご覧ください。

協力企業

PwC Japan
PwCは、世界158カ国 に及ぶグローバルネットワークに180,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。PwC Japanは、あらた監査法人、京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。
詳細はhttp://www.pwc.com/jp/ja/をご覧ください。
Mitsubishi UFJ Morgan Stanley
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、国内最大の金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループと世界トップクラスの投資銀行であるモルガン・スタンレーとの戦略的提携により2010年5月に発足して以来、他社にないグローバルで多角的な視点と高いクオリティとを兼ね備えたソリューションをお客様に提供しております。
当社の投資銀行本部では、お客さまの事業・財務戦略のお手伝いを通じ、企業価値の向上と日本の産業界の成長、競争力強化に貢献しております。サントリーホールディングスによる米ビームの買収をはじめとする大型M&A案件を数多く手がけた結果、2013年度には日本関連M&A案件のリーグテーブルにおいてトップの地位を獲得しています(公表案件ベース、Thomson Reuters調べ)。
http://www.mumss.com/
PAGETOP