• ポーター賞とは
  • 受賞企業・事業部レポート
  • 授業式・セミナー
  • 募集対象
  • 審査方法
  • 応募方法

授賞式・セミナー

開会挨拶

一橋大学大学院国際企業戦略研究科 研究科長 一條和生

開会挨拶 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 研究科長 一條和生 一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)のミッションは、
「Best of Two Worlds(二つの世界の融合)」です。二つの相反する概念を、他者を退けることなく受け入れ、そこでシナジーを引出し、新たなイノベーション(一橋ICSでは知識創造と呼んでいます)を実現したいと考えています。
特にポーター賞は、教育・研究に励んでいる我々が、実践家とのコラボレーションを通じて実践知を学ぶ場として大切にしています。

一橋ICSはこれまで、MBAやDBAなど経営教育を行う場を数多く用意してきましたが、2017年9月に、EMBAという新たなプログラムをスタートさせます。
従来のMBAがフルタイムの授業を行うのに対し、エグゼクティブプログラムであるEMBAは企業に籍を置きながら学べる1年間のパートタイムプログラムです。
EMBAでは、世界の様々な学校とのネットワークを活かし、ウェブとクラスルームでのディスカッションを活用しシナジーを起こす授業を目指します。

一橋ICSは、Global Network Business Schoolを自称し、世界の様々なパートナー校と連携して教育、研究活動を行っています。
北京大学、ソウル大学校との連携プログラム「Best Alliance」を2011年より進めており、また、世界のトップ28校と戦略的なネットワークを組んだGNAM(Global Network for Advanced Management)を行っております。

我々はイノベーション(知識創造)の世界的な拠点になろうとしておりますが、それを実現させるためには、企業の皆様とのコラボレーションが不可欠です。皆様とのコラボレーションを通じ、ポーター賞を通じ、日本、さらには世界を大きく革新していきたいと考えております。

授賞式へ戻る

PAGETOP