受賞式・カンファレンス

閉会挨拶

一橋ICS 教授 大薗恵美

閉会挨拶 一橋ICS 教授 大薗恵美 皆さま師走のお忙しい中、最後までご参加いただきありがとうございました。

私たちがポーター賞を始めたのは、2000年に一橋ICSが設立された時にポーター先生に、「何か新しいことを始めるならば、モーラル・パーパスをもってやれ、何か社会に貢献できるようなことをやれ」と言われたのが、一つのきっかけです。今日は、具体的な日本企業の事例、それから経営学における知見もご紹介させていただきましたけれども、経営学は使われないと意味がありませんので、この刺激をもとに、皆さんの足元でたくさんの変革が起こることを期待しています。

そしてポーター賞は応募していただかないと、賞を差し上げられない仕組みになっていますので、ぜひ皆さまから応募いただければと思います。

最後に我々の仲間を紹介したいと思います。MBA、エグゼクティブMBAとDBAの学生たちです。大変優秀な学生ですので、是非リクルートしてください。そして我々の仲間のファカリティも本日の会場に来ています。最初に一條が申しましたように、ビジネススクールとしてたくさんのイノベーションを起こしておりますので、帰りがてら、彼らを捕まえて色々と話を聞いていただければと思います。

来年は12月5日にこの式を行おうと思っておりますので、またお運びいただければと思います。またたくさんの面白い受賞企業をご紹介できると確信しております。どうもありがとうございました。

< 受賞式へ戻る

第19回 ポーター賞 応募期間

2019年5月 7日(火)〜 6月 3日(月)
上記応募期間中に応募用紙をお送りください。
PAGETOP