受賞企業・事業レポート

「詳細レポートを読む」ボタンから詳細な内容をご覧いただけます。

2020年度 第20回 ポーター賞受賞企業・事業

株式会社トリドールホールディングス

打ち立て茹でたての讃岐うどん専門店、「丸亀製麺」を運営。国内862店舗、海外228店舗(2020年10月現在、同社ホームページより)。 うどんとトッピングにメニューを特化。手ごろな価格、本格的な味、臨場感、提供スピードが速いという、新しい価値提供の組み合わせを実現。 平均顧客単価570円と手ごろな価格帯ながら、国産小麦のみを使用、全店で毎日うどんを打ち、茹でたてで供する、時間と共に味と香りが変わりやすいだしは一日に何度かひくなど、おいしさにこだわる。オープンキッチンで、うどんを茹でる様子などを間近に感じることができる。セルフサービス式でトッピングを選ぶ仕組みのため、多少の列ができていても実際の待ち時間は短く、また、席の回転も速い。 従業員教育、モニタリング、権限移譲の組み合わせで、店に分散したオペレーションの品質確保と現地適応を両立。国内店舗は直営店のみ。

株式会社ミルボン

ミルボンは、美容室専売のヘアケア商品を製造、販売。一般消費者向けの製品は扱わない。 「美容室の増収増益につながる」事を第一の価値提供とし、製品開発においては、先端の美容師にしかできないような技術も製品と技術マニュアルに落とし込み、教育支援を提供することにより、多くの美容室が、顧客が求める高度なサービスを提供できるようにする。 美容室への営業・教育支援の「フィールドパーソンシステム」という仕組みを持ち、営業担当社員と教育担当社員が、美容室の成長を支援する様々なサービスを提供する。

株式会社ヤッホーブルーイング

ヤッホーブルーイングは、エールビールに特化したクラフトビール・メーカー。市場の主流であるラガービールは扱わない。 顧客からの強い共感を得ることを目標に、個々の製品に明確な個性を持たせている。そのために、具体的なペルソナを念頭に、100人に一人が強く共感することを目指した製品開発で、個性的な味わい、製品ネーミング、パッケージを開発。常時10数種類を提供。「よなよなエール」などの全国に流通している主力製品についてはキリンビールに生産を委託。自社工場では製品開発と少量生産品の製造を主に行う。 顧客のブランド・ロイヤルティを高め、伝道師ともなる「熱狂的」レベルでファン顧客との関係を長期的に築くため、リアル、オンライン双方でファンが集まるイベントや参加型プロモーション、双方向コミュニケーションを充実させている。

楽天銀行株式会社

対面の店舗や自社のATMを持たないインターネット銀行。868万口座(2020年3月末)は国内ネット銀行最大。普通・定期・外貨預金、振込・引落・インスタントメッセージを使った送金、住宅ローン・カードローンなどから、資産管理ツールの提供、など幅広くサービスを提供。 「より便利なサービスをより安価に」を価値提供と掲げ、徹底したデジタル化による低コストを達成し、他社より高い預金金利や低い住宅ローン金利を提供。システム開発を自社で行い、素早く新サービスの開発をする。また、サービス間の移動をスムーズに行なえるなど、顧客体験の質も向上。 楽天市場や証券など、楽天グループサービスと連携し、ポイントプログラムを活用。

第21回 ポーター賞 応募期間

2021年5月 6日(木)〜 5月31日(月)
上記応募期間中に応募用紙をお送りください。
PAGETOP